神隠しと略取 2

1/19
104人が本棚に入れています
本棚に追加
/507ページ

神隠しと略取 2

「………それで、その女性(ひと)はそのまま、行方がわからないの?」  二敷怜奈(にしきれな)の向かい側に座っている男性がそう尋ねた。ふたりは、東京 国立市の大学通りに面した二階建ての洒落たカフェの窓際のテーブルにいた。 「……そうなんです。あのあと、こたけじぃ、いや古武住職やお寺のみなさん、それから光瑠璃寺に駆けつけてくれた私の仲間たちも合流して1時間以上探したんですけど、結局その方は見つかりませんでした。 ご家族の皆さんは警察に捜索願をだされたそうです。本当に、みなさん沈痛な面持ちで……なんていうかもう……やりきれない感じでした……」 「そっか……、でもなんだか不思議な感じだね……。なんていうか、現代の神隠しというか……」
/507ページ

最初のコメントを投稿しよう!