第九話

1/1
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ

第九話

9  呼んで、あなたの美しさを  間違いないようのない確かさで  呼んで、ゆるやかな声で  この世界の中核なる者を  Sea of carm  あなたは私のひかり  繰り返し波打つ 海の女神  ある日突然に、奴隷の私と女主人の蜜月は終わった。  アフリカの魔の都から解放され、人間社会に復帰するように、という命令をイザベラから受けたからだ。  表向きは私は誘拐されたのではなく、長期のモナコ滞在ということになっていた。体調を崩し、コート・ダジュールの高級保養所で過ごしたと。  もともと親しい人もいない私だ。この説明に誰も疑いを持たなかった。  アフリカを出ると、人間らしい生活が戻ってきた。  仕立ての良いスーツを着こなす、完璧な紳士の自分。  首にはもう首輪はなく、鎖もない。  動物のように地をはって歩くことはなく、二本の足で立つ。  屋敷でも、クラブでも、もう命令をきく側ではなく、命令をする側だ。  背広の下の肌には、鞭の跡が残っている。  どこか落ち着かない。  奴隷と紳士。  どっちが本当の私なんだろう。    不安になったときに再度、イザベラから連絡があったときは、喜んで飛びついた。  彼女もまた、アフリカを出て、ヨーロッパの社交界に帰ってきていた。SMクラブの女王という裏の姿を消し、社交サロンの華へと。    日時の指定はなく、イタリアの地中海近くのある場所で待つように指定された。言われる通りの場所へ行くと、それは別荘地に建つ歴史のある高級ホテルだった。  イタリア式の贅をこらした意向の建築に、広い庭園。テラスからは海が見下ろせる。  そこで10日ほど滞在しながら待っていたときだ。  イザベラは、真紅のポルシェを自ら運転してやってきた。  笑顔の彼女と再会したとき。  全身がしびれるような感覚が走った。  自分の内なる生命力に、初めて触れたような。  灰色だった世界が、色を取り戻して輝きだす。  私は彼女を愛していた。  崇拝していると言っても良かった。  彼女なしではもう、生きられないーー…。  夕暮れの光に海が輝き、カモメが鳴いている。  浜に何度も打ちよせ、繰り返す波は穏やかだ。  ここは秘密の場所だった。  地中海に面した高級ホテルから少し歩けば、人けのない浜辺がある。    いつも水面が輝き、砂浜のまわりを、茶色い岩場が囲んでいる。  漁師が朝に船を出してしまうと、砂浜には誰も居ない。  静けさが欲しいとき、よくホテルからここに来ては、ひとりで波の音を聞いていた。  この浜辺に座っていると、不思議と心が落ち着く。  今日もまた海辺に来た。初めて自分以外の人を連れて。 「静かなところね」  岩場の上で海を眺めながら、イザベラが微笑む。  彼女のカールした長い黒髪が、風に吹かれて揺れている。すらりとした肢体、黒いロングのワンピースに、黒の靴。   「漁師が船を出してしまうと、ここには誰も来ないんだ」  そう言って、私は彼女の手を取った。  岩場で彼女の足元が少し危なっかしい。 「あなたの秘密の場所なのね」  イザベラが微笑む。そういう表情の彼女は、素晴らしく美しい。  明日、彼女はアフリカに帰ってしまう。  二人きりになれるチャンスを逃したくない。  彼女が側に居るだけで、胸がときめく。だのに肝心の決定打を出せない。  彼女と喜んで再会したものの、少し不安になる。  こんな何でもない海を、私はどうして見せたくなったんだろう。  私のこっそりと隠していた宝物のような場所を。  受け入れてほしい。  愛されたい。  自分の全てを愛されたい。  馬鹿馬鹿しいまでの純情な恋心に、自分でも恥ずかしくなる。  どんな豪華な宝石も、宮殿も、彼女に捧げるのはむなしくて出来なかった。  彼女自身も貴族の出だ。贅沢には慣れている。  漆黒の穏やかな瞳で、全てを見透かされてしまいそうだ。  私が彼女に渡せるのは一輪の花だったり、海辺の景色だったり、詩の暗唱だったり、たわいもないものばかりだ。  それも何度もためらいながら、緊張してたどたどしく告げるのが精いっぱいだ。  つくづく自分は平凡な男だ。  さらに恋をしてしまうとひどく陳腐で、愚かしい。  喉から手が出るほど彼女が欲しいのに、口に出すことも出来ない。  私は彼女を所有したいのではない。  支配されたい。踏みにじられ、罵られたい。  そのときのことを考えると、ぞくぞくする。  解放されてからも、私は薬への依存をきっぱりとやめた。  そしてもう一度奴隷にしてほしいとイザベラに頼んだ。  だが彼女は承諾しない。  なぜだろう?  もう一度彼女のハイヒールに踏まれたい。  彼女と味わったあの快楽をもう一度味わえるのなら、何を捨ててもいいのに。  私は奴隷に不適格なのか?  奴隷の分際で愛の告白をしたのがいけなかったのか?  いや、そもそも、麻薬中毒だった私が、彼女のような強い女性に愛される価値なんてない。  それなのに望んでしまう自分はあさましい。  それでも彼女をあきらめることなど出来なかった。 「イザベラ、頼みがある」  海風が吹き、イザベラは黒いつば広の帽子を押さえた。 「何かしら? セルリウス」  そういう彼女の眼差しは、ひどく穏やかだ。 「イザベラ、私をまたあなたの奴隷にしてくれ。頼むから、もう一度私を飼ってくれ」
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!