序章 クロノス・カタストロフィ

23/51
45人が本棚に入れています
本棚に追加
/51ページ
  司は目を疑ったが、他の三人は何一つ驚いていないようだった。 「転移、俺のおごり」   ヤクートが銀色のコインを側の使い魔に投げた。使い魔は器用にそれを腕でからめとって、どこかに行ってしまった。 「転移って?」 「こういう店、お金を払うと出口を目的地に設定してくれるの」 「有料のどこでもドアみたいなものかな」   司が例えを持ち出すと、三人はきょとんとした。   司は「なんでもない」と首を振りながら、本屋の方へと走り出した。   と、同時に、骨太のおばさんが、司の前に立ちはだかった。   胸に、第三等預言者と書かれたバッジが着けられている。 「お待ちしておりました。この本をどうぞ」   おばさんは、二冊の本を司に押し付け、代わりに手を差し出した。司はパニックになりかけたが、すぐにどういうことか分かった。 「あら、押し売りじゃありませんよ。私は預言者ですから」   おばさんは親切心から言ってくれているように見えた。   司は本を受け取って、代わりに銀色のコインを三枚渡した。   おばさんは、よい買い物をと言いながら、どこかに行ってしまった。   本は、司の欲しいものばかりだった。   だが、選ぶ喜びが削がれてしまうのはなんだか嫌だった。   司は、三人を振り返った。ディスエルにも、同じような手合いが近寄って来た。   お金は司が払うことになった。   司だってお金持ちなわけではない。ホークから、お金を相当量もらったが、これは一年分のものだ。司は慎重にコインを数えながら、これからは節約しようと心に誓った。 「まあ、欲しい本を買った後に、また立ち読みすればいいんだよ。そんなに悪いもんでもないと思うぜ」   ヤクートは司の態度を少し誤解したらしく、求めているのとは違うフォローをしたが、それもまた事実だった。 「うん、まだ、いろいろ見たい本があるから!」   喜びのあまり、声が高くなるのを感じながら司は走り出した。   その時だった。   突然、地響きが、轟いた。   ぎょっとして辺りを見渡すと、街全体が揺れている。通行人がバランスを崩して倒れそうになった。  その次は、本棚が飛び上がって本がばらばらと落ちた。かと思えば、使い魔が不安そうに鳴き立てたりした。   ユリィがあっと声をあげたのであわてて両手で支える。  ユリィは動転しながらもお礼を言ったが、司を見上げた瞬間ぎょっと顔を強張らせた。   司の背後に、影が覆いかぶさる気配がした。   司は振り返った。   天に天体が、もう一つあった。   青く巨大な球で、表面には緑色の大陸が所々にある。ユーラシア大陸も、アフリカ大陸も、南極大陸もある。   司はディスエルとヤクートを振り返った。 「魔法、なの?  でも、あんな大規模な魔法、誰が?」   二人は無言だった。判らないのだろう。初めて見るものを拝むように、ただ視線を一点に向けていた。   司も巨大な天体を見上げることにした。   ほかの魔法使いたちも、ただ見上げている。   天体はゆっくり、ゆっくり近づいているような気がする。   突然、光の線が天体から伸びてきた。司の前方に飛んできた光芒は、地面に達した途端、辺りに閃光をまきちらした。   けれど、閃光はレーザービームのような、敵意のある光ではなかった。   もっと柔らかで、月の光によく似ている。   司は、光の奥を見た。   光の奥には、女性がいた。   しなやかな曲線が、鎖骨から腹の上あたりまでを滑らかに縁取っていた。  銀色の髪が肩のあたりで緩やかにたゆたい。切れ長の瞳は深いブルーだった。  地球の色を生き写したようなブルー。   この女の人は夢で見た
/51ページ

最初のコメントを投稿しよう!