赤とんぼコンツェルトシュテュック

日本の童謡はロマン派の音楽に近い?

5 58

4分 (2,262文字)
たぶん1966年ごろ。

あらすじ

山田耕筰作曲の「赤とんぼ」について、作曲者が存命中に論争が巻き起こった。本当のところは今もなぞで。それはそれとして、シューマンは空の上でどう思っていたのか、とても気になるところ。 ふたりの生きた時代

タグ

タグは登録されていません

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/11/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る