夜道を歩く時、彼女が隣にいる気がしてならない

僕のカノジョは――怪談になった。

17 107

現代ファンタジー 完結 過激表現
2時間49分 (101,400文字)
新人賞最終選考候補作にしていただいたことがある作品です。

あらすじ

大学四年生の米田は零細出版社でアルバイトをしている。そこはオカルトとヤクザという〝こわいもの〟つながりの二つのジャンルの書籍を主に刊行しており、米田は雑務やHPの更新の他に実話怪談の記事の執筆を担当し

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/11/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る