蛙が鳴いた

それはできすぎた幻。

8 93

5分 (2,534文字)

あらすじ

雨が降る日に、蛙と出会った。 蛙は「蛙のふりをした」と言う。 超・妄想コンテスト「その日私は出会った」応募作品です。

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

蛙は何の幻だったのかー

いつもスターを送って頂きありがとうございます。 とても嬉しく思っています。

この作者の作品

もっと見る