今日も、明日も、明後日も、ただそのぬくもりを……。

1/3
46人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ
マンションの窓際に置かれた広い極ふわのベッドの上。 カーテンの隙間からは、柔らかな陽光が優しく降り注いでいる。 そのお陰で、今は十一月だというのに、春のようにポカポカしてて、まるでひだまりのようだ。 あんまり心地いいから、私はお布団から出たくなくて。 サイドボードの上で『速く起きろ!』とばかりに、けたたましく急かしてくるスマホに、無視を決め込みたくなる。 ……起きなきゃいけないのは分かってるの。 でも、あと、もうちょっとだけ。もうちょっとだけでいいから眠らせて。 頭のなかでムニャムニャ言いながら、欲求に勝つことのできない私は、再び暖かなお布団の中に潜り込んだ。 そんな私の代わりに、スマホのアラームを黙らせてくれたのは、愛しい愛しいタカシくんだった。 「こーら、アキ。そんなにくっつかれたら起きられないだろう?」 「……だってぇ、くっついていたいんだもん!」 「……そんな可愛い表情(かお)したってダーメ! 離してくれなきゃ遅刻しちゃうだろう?」 「………」 ……そんな言い方なくてもいいじゃない。 そう思っても言うことはできないから、こういうとき、私はシュンとして、黙りこむことしかできない。 朝からうっとうしいとか思われたくないんだもん。 それにタカシくんは、朝に弱い私と違って寝起きがいいだけじゃなくて、全然甘くないのもいつものことだし。 言葉は優しいけど素っ気ないのも、いつものことなのだ。 ところが、昨夜は、珍しく酔っぱらって帰ってきたタカシくん。 『眠いから先に寝る』と言ってる私のことなんて完全無視。 くっついて甘えてきて、私のことを離してくれなかったクセに。お陰で私は寝不足だ。 ……もう、ほんと勝手なんだから! と、まぁ、色々言いたいことはあるんだけど……。 それでもタカシくんのことが好きなんだからしょうがない。 ーー例え、タカシくんが私のことを好きじゃなくても。 こうして毎朝、タカシくんの暖かな腕の中で目覚めることができるだけで、私は充分幸せだから。 ……あっ、いけない、私も起きなきゃ。 お布団からジャンプする勢いで飛び起きた私は、タカシくんの後を追ってリビングへと駆け出した。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!