絢音のプロローグ

1/5
2046人が本棚に入れています
本棚に追加
/45ページ

絢音のプロローグ

「絢音ちゃん?」 お茶の時間の母の猫なで声は、警戒するものと相場が決まっている。 武田家の午後のダイニングである。 テーブルには、お菓子と、紅茶。優雅なアフタヌーンティーの時間だった。 武田家は、明治だかなんだかに、海外との貿易で、財を生した、という家である。世が世なら、お貴族様のお姫様であったのがここにいる武田絢音(たけだあやね)と、武田琴音(たけだことね)だ。 二人はこの武田家の娘、で双子なのだった。旧家の娘として、箱入りで育てられた二人は、美人姉妹としても、名高い。 たおやかな見た目と、さらりと長い髪。立てば芍薬、座れば牡丹……を地でいく姉妹だ。 見た目には、全く瓜二つの二人なのだが、性格は結構違う。それでも、仲はとてもいい。 絢音は、澄ました母の顔を見る。 怪し過ぎる、このお母様の澄まし顔!まさか、琴音ちゃんは何か知ってるの?! 琴音を見ると、琴音は知らないよ?と言うように、首を軽く横に振った。 だからっ……だから、今日は、こんなにお茶菓子が、やたら高級で、美味しそうなんだぁぁ。心の中で、歯ぎしりする絢音だ。 絢音がこれならば、席を外せないと知っている母のやり口なのだ。す……っごい美味しそうな、ガトーショコラなんだもんっっ。濃厚そうな濃いチョコレート色に、軽めのホイップ、さらに、オレンジソースまで、添えてある。 「いいお話があるのよ?」 「結構です」 絢音は即答する。 「そんな事言って、何度目なの? もう、今日という今日はそれは許しませんよ」 あ、マジなやつだ。 お客様用の美味しいお茶は、お手伝いさんもグルだということを実感するものだ。 「お付き合いしている人はいるの?」 「いません」
/45ページ

最初のコメントを投稿しよう!