赤い花の向こう、遠くの山

親の居ない少年と母の居ない仔馬の話

15 189

11分 (6,383文字)

あらすじ

 ラクサの村に親の居ない少年が居た。少年は一頭の子馬を友に村の爺さんと穏やかに静かに暮らしている

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

最後のページを読み切るときには

涙が溢れて大変でした。 ランディーとシフォン。 村人達の気持ちも分からなくはないけど、あまりに残酷すぎる。 ランディーにとっては皆子供で、自分の子供の肉を村人達に食べられているようなものだもの。 でも

その他情報

公開日 2019/11/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る