5.5カラットの叫び

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

5.5カラットの叫び

 (だれ)しも一度は感じたことはあるだろうが、()学の発展とは目覚ましいものだ。数()存在する世界に()まう神の()身の()がかりを、()遠の命を持たぬ人の身にして、智の(れい)峰の()に見初められし傑物どもが、茨を()け入れ()量の血の結晶を()する。言の()を尽くし月へと目指す。げに美しいことよ。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!