帰京

5/5
360人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
 すると優くんは、私の左手からその指輪を抜き取って、右手の薬指に嵌め直した。 それから、新しいリングを左手の薬指にそっと差し入れて言った。 「これでもう、桃香は俺のものだから。 絶対に俺の前からいなくなるの、禁止な。」 「え?」 「俺、絶対、単身赴任とかしないから。 どこへ転勤しても桃香も誠も連れてくから 覚えといて 」 ふふふ… あの頃と変わらない優くんの本気とも軽口ともつかない言葉に、思わず笑みがこぼれる。 誠ができて、優くんから遠く離れたはずなのに、また捕まっちゃった。 優くん… こんな私をまだ思っててくれてありがとう。 私、今、世界一幸せだよ。 ─── Fin. ───
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!