プロローグ

1/1
438人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

プロローグ

 フライトを終え、荷物を受け取ってから到着ロビーに足を踏み入れると、カメラのフラッシュが目を射た。  しかしサングラスのおかげで眩しくはない。  カシャカシャカシャ、けたたましいシャッター音とともに、たくさんのマイクが向けられる。 『ケントさん、主演決定おめでとうございます』 『ケントさん、今回の来日は役作りのためとお伺いしましたが、どういった役どころでしょうか』 『ケントさん、日本は初めてとのことですが行ってみたい場所はありますか?』  ケントさん、ケントさん、ケントさん、うんざりするほど名を呼ばれ、ケント・フジタはため息をかみ殺した。  つん、と背中をマネージャーに突かれる。  うるせぇなわかってるよ。  ケントは内心で答えて、一度足を止めた。  ケントを囲んでいるリポーターが期待に満ちた眼差しを送ってくる。  ケントは視線が充分集まっていることを確かめて、するり、とサングラスを引き抜いた。  そして、にっこりと極上の笑みを浮かべて、 「ニホンノミナサン、ヨロシク」  というひと言を、わざと片言で発音して。  パチン、とカメラの向こうにウインクを投げると、今度は立ち止まることなく長い足を動かして、空港を後にしたのだった。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!