プロローグ

1/3
886人が本棚に入れています
本棚に追加
/77ページ

プロローグ

 ずっと、運命の人を探していた。  小指から繋がる赤い糸の先にいる、私だけを一途に愛してくれる素敵なひと。  その運命の人が今、私の目の前に現れた。 「はじめまして、桜さん。伊奈(いな) 周一郎(しゅういちろう)と申します。あなたのような素敵な女性と出会えるなんて、僕はよっぽど幸運な男のようだ」  彼の目を見た瞬間に稲妻が走り、散った火花がきらきらとその周りで星のように輝いている。甘いバリトンボイスも、きりっとした精悍な顔つきも、少しごつごつした逞しい手も、すべてが私の思い描いた運命の人そのものだった。  ああ、生きててよかった。  婚活パーティー、来てよかった──!
/77ページ

最初のコメントを投稿しよう!