このねのあのね -光をもとめて-

小さな狐の神様とお兄さんの心温まるほのぼのストーリー。第二弾。

1 13

14分 (8,000文字)
小さな狐娘の神様とお兄さんの、ちょっと切なくも心温まるほのぼのストーリー第二弾。妄想コンテスト光応募作品です。

あらすじ

 ひょんなことから優しいお兄さんと出会い、一緒に暮らしている狐娘。その名も狐乃音ちゃん。  可愛らしい子狐の神様とお兄さんが織り成す、ちょっと切なくも優しいほのぼのストーリー。シリーズ二作品目です。

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/11/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る