3 ニセ彼女始動

1/14
1803人が本棚に入れています
本棚に追加
/102ページ

3 ニセ彼女始動

病院で働き始めて、2週間が経った頃、波岡に一人の女性に会ってほしいと頼まれた。 「それって…あれだよね。例の」 電話口で私は探りを入れる。波岡から個人的に頼まれている報酬1万円のアルバイト。 「そう、例のやつ」 うわ、ついに来たか…と、電話口で生唾を飲み込んだ。 「1カ月してから…って言われなかったっけ」 「そうなんだけど、ちょっとこっちの都合で予定が早まった」 「あんたの都合って?」 「いや、実はさあ…」 と波岡が語りだした内容は、簡単に了解サインを出せない、かなりハードなものだった。 「えー、無理無理無理無理。絶対無理だよ」 依頼内容を聞いた瞬間、即行で断る。 「無理は承知で頼む!」 「ほかの人に頼みなよ。そ、相馬さんとかだったら喜んでニセ彼女役引き受けてくれそう」 お金はまだもらってないし、契約破棄しても問題ない、はず。 「ばか、あの子だったら、絶対ニセにならねえよ」 「あ…」 知ってるんだ。向けられてる好意は十二分に知ってて、敢えてのスルーなんだ。モテる男は言うことが違う。 「頼むよ、葉月。お前しか頼れるのいないんだ」 突然、昔みたいに名前で呼ばれて、心臓が跳ねた。 こういう時に使ってくるの、ずるい。 「…つったって…うまくやれる自信ないんだけど」 「大丈夫だって」 不安要素しかない私に、波岡は自信たっぷりに説得する。どこから来るんだよ、その楽観的観測。 結局波岡の執拗な説得に折れて、私は次の週の日曜日、波岡の彼女として、真壁院長先生の家にご挨拶に行くことになった。 その席には、ご多聞に漏れず、波岡に執心の副院長のお嬢様がいるって筋書。 うーわー、胃が痛くなりそう…。
/102ページ

最初のコメントを投稿しよう!

この作品は「スターで応援」をした方限定、特典作品が読める!