この世で一番怖いのは?

1/4
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ

この世で一番怖いのは?

 大変なことになった。帝がすでに気に入っている玉鬘に起った事件。それはもう大騒動となる。 「おい、連人」  で、犯人が黒髭大将としても、他に誰か唆した奴がいるはずだ。そう考えた光明が真っ先に目を付けたのが連人である。内裏にて堂々とバトル開始。太政大臣VS内大臣。他から見てもひやっとするその組み合わせに、連人が先に折れた。 「すまん。うちの息子のせいだ」 「へっ」  てっきり連人が嗾けたのでは。友情なんて儚いものだからなと思っていた光明は、がばっと土下座されて目が点。 「雲居雁。あいつが玉鬘に嫉妬して仕掛けたことだ。まさかあそこまでさせるとは思っていなくて、その」  はっきり知らなかった。止められなかった。連人はもうこれだけを連ねるしかない。黒髭から真っ先に相談されたのは自分だなんて知られたら、柏木、つまりは藤原左大臣家の終わりだ。 「み、帝を取り合ってってことか」  そういう事態はまずないだろう。なんせ身体を許すことはないのだからと、前もって約束していただけに、光明は膝から頽れてしまう。 「み、光明」
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!