序章 絶望の異世界スタート

1/3
1233人が本棚に入れています
本棚に追加
/979ページ

序章 絶望の異世界スタート

「…………ぅ…………ん……」  『少年』は奈落の底から意識を覚醒した。薄っすらと目を開けると、瞼に刺さる天井の明かりが眩しい。小さな部屋の天井にはランタンが吊り下げられ、火が灯っている。彼はぼんやり「原始的だ……」と心の中で呟きながら、周囲の声に耳を傾けた。 「……これは酷いな。生き残りは彼だけか?」 「おそらく……」 「とりあえず神官は呼んだ。彼らが到着して治癒魔法をかけるまで、お前が様子を見ていろ」  聞き捨てならない言葉が耳に入った。『魔法』という非科学的な言葉が。少年は訳が分からず、意識を失う前までの記憶を遡る。  名は、加治柊吾(かじしゅうご)。これといって印象に残らない平凡な顔立ちで交友関係は広く浅い。スポーツなど特にやってはおらず、『モンスターイーター』というアクションゲームが得意な気の弱い『三十五歳』。職業はエンジニアで、何度か転職し自動車やロケット、電気設備などの整備や設計の仕事を行ってきた――と記憶している。 (俺は確か、スペースロケットの整備班と一緒に現場を巡視していて、それで……ダメだ。思い出せない)
/979ページ

最初のコメントを投稿しよう!