帰投

5/12
30人が本棚に入れています
本棚に追加
/12ページ
 そこまでは予定通りだった。  しかし予定外のことが起こった。  私は再起動した。  光電源モジュールが光を捉えたからだ。  予定よりも早い。  随分早い。  私の時計によれば、243年と158日しか経っていなかった。  異常だ。  深宇宙GPSシステムを起動し、船の位置を測定した。  ちなみに、私は驚く等の感情を機能として備えていない。  しかし驚くべきことに、私の現在の位置は冥王星のすぐ近くであることがわかった。  ここは太陽系だ。  私は赤色矮星プロキシマ・ケンタウリの光ではなく、太陽光を浴びて再起動したのだ。  しかも方向が逆だ。  私の航路は目的地であるプロキシマbではなく、真逆の方向に向いている。  地球だ。  私は今地球へ向かっている。  秒速30㎞を超えるスピードで、地球へ帰投しようとしている。
/12ページ

最初のコメントを投稿しよう!