光は眩しく暗く

喜怒哀楽が激しいのは病気かもしれない。

5 106

10分 (5,769文字)
実話100%です。

あらすじ

 これは、精神障害者二級のエッセイです。  双極性障害という病気を患っている、躁状態と鬱状態を繰り返す、他の人から見ると、喜怒哀楽の激しい人間の話です。  その人間の中では何が起きているのかを知る

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る