親友のハッピーエンド

1/2
538人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ

親友のハッピーエンド

美羽に連れられて、颯ちゃんの部屋の中に入ると、颯ちゃんは男友達2人がゲームアプリの会社を起業すると話してた。 IT関連企業を起業する。 四つ葉はわたしと大輝の両親が大学時代に立ち上げた会社で、将来、大輝と継ぐのがわたしの夢だった。 だから、わたしもその道に進むために、京大の情報工学部に進んだ。 その道には進むなかったけれど、国家資格を取得したり、専門知識を深い領域まで身につけた。 でも、モデルの仕事を通してファッションの世界に興味を持った、独学で勉強をし、卒業後はレッセパッソでモデル兼デザイナーをしてる。 モデル兼ファッションデザイナーとしてまだ仕事を続けたいけれど、27歳になり、年齢的に限界を感じ、そろそろ、大輝と結婚して四つ葉でwebデザイナーをしようと思い始めてた。 颯ちゃん達の起業の話を聞いて、面白そうと思った。 四つ葉は大輝が継ぐと思うから、わたしは四つ葉で大輝の下で働くつもりはない。 わたしも美羽と一緒に颯ちゃんが起業するゲーム開発の会社を手伝いたいと思った。 そんな事を考えながら美羽と話に聞き耳を立ててたら、話題が颯ちゃんの美羽への想いにかわる。 颯ちゃんも美羽の事が好きで、ゲームアプリ会社を起業したら、美羽にプロポーズするつもりだという話を聞いた。 美羽は聞かなかった事にして家からそっと出て行こうとしてたけど、じれったい2人にこのタイミングでお互いの気持ちを打ち明けさせようと思い、わたしはリビングの戸をあけた。 そして、わたしは美羽と颯ちゃんを2人きりにさせるために、颯ちゃんの男友達2人を連れて、部屋から出ていった。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!