1/1
346人が本棚に入れています
本棚に追加
/150ページ

 (あきら)の肌を撫でる。さらさらとした白い砂丘。次第に火照り、汗がにじみだす。手のひらにしっとりと吸い付いてくる。  愛撫しながら、辰治(たつはる)は猛る。  衝動的に首筋を吸う。耳元の薄い喘ぎ。歯を立てたくなるのを我慢する。     暁はじっと目を閉じている。目を閉じて、感じている。熱い吐息が、辰治の刺青(いれずみ)の肌を曇らせる。  ――あなたは、少しあの人に似ている    いつか聞いた言葉。そのまぶたの裏に、誰を思い浮かべているのかを想像する。想像して、辰治はさらに猛る。猛ったものを、暁の火照った身体にねじこむ。  二人は繋がる。薄暗いバラック長屋の床を軋ませて、ひとつになる。  暁が目を開ける。長いまつげを震わせて、辰治を見る。その瞳に映る自分の姿に、辰治は安堵する。安堵して、いっそう激しくその身体を求める。  ――呼んでくれ  抱き締めた背がしなる。弱いところを何度もえぐり続ける。堪えきれなくなって暁が叫ぶ。懇願するように辰治も声を絞り出す。  ――オレの名を呼んでくれ
/150ページ

最初のコメントを投稿しよう!