14.我、甲賀の始祖、大伴資定なり

23/23
84人が本棚に入れています
本棚に追加
/311ページ
 石田がサインに頷いた。桔梗、藤田へ向けて目で牽制をし、高く足を上げた。  犬走はしかと石田を見て覚悟を決めた。バントだ。必ずフェアゾーンに転がす。  覚悟を決めた犬走がしっかりと腰を落として石田のボールを当てるべくバントの構えをとった。速い球だ。だが、当てる!  コツン!  犬走は最後まで石田のスピードボールを見極め、バントした。一塁線へ転がす。さすが甲賀忍者たる集中力だ。そのまま光のように一塁へ駆け出した。  一塁手の野中が猛然とダッシュし、光の犬走とすれ違う。焦る。そのはやる気持ちを野中は落ち着け、転がる打球をしっかりと捕球しようとした。 「捕るなーーー!」  その怒声で野中は転びかけた。触れようとしたボールを避けると、コロコロと打球はラインを割った。  ファール! 3バント失敗!  鶴橋は石田に向けて渾身のガッツポーズを向けた。石田が謙遜したように帽子のつばに手をかけた。  石田は投じる指先の最後の最後でシュート回転をかけていた。万が一当てられてもファールになるようにと。  がっくりと犬走がうなだれてナインに向け謝った。 「ごめん。流れを切ってしまった」 「仕方ねえ。謝るな。月掛を応援や!」  副島が犬走の腰をぽんと叩き、励ました。ただ、その顔に笑みはなかった。  そう。ついに9回表2アウト。甲賀はまだ4点差であと一人まで追い詰められてしまった。 「月掛、頼む」  白烏が両拳を組んで月掛に声をかけた。 「まー、大丈夫っしょ」  月掛はとても追い詰められているとは思えない表情で打席へ向かった。 「あいつ、落ち着いとんな。生意気なだけあって度胸座っとるわ」  珍しく副島が褒めると、残念そうな顔で道河原が首を振った。 「俺は不安や。充のやつ、なんでそんな落ち着いてられるんやて聞いたらよ……」 「……なんて?」 「最後のバッターとか、そんなキャラじゃない気がするって」 「…………そんだけ?」 「ああ」  副島と道河原は心配そうに打席に向かう小さな背中を見つめた。    俺が最後のバッターなんて似合わねえ。ありえねえ。月掛はトントンと跳ねながら打席に入った。藤田がちゃんと結果を出したんだ。俺もノーヒットじゃ終われねえ。  月掛はマウンドを見た。小柄な石田をじっくりと見て、はち切れそうなユニフォームに目をやった。  分かる。分かるぜ。背の低い俺らは努力でカバーするしかねえ。あんたが努力してきたのはその太腿を見れば一目瞭然だ。だがな、あんただけじゃねえ。俺もでかい奴らに負けねえために血の滲む努力をしてきた。その努力の量と知恵絞りはあんたにも負ける気がしねえよ。
/311ページ

最初のコメントを投稿しよう!