プロローグ

1/1
71人が本棚に入れています
本棚に追加
/49ページ

プロローグ

プロローグ 始まりの始まり 「大王、奴らの逆襲です。」 「そうか・・もう来たのか今回の転生者はとんでもない奴だと聞いている。 封印はどこまで開けている?」 「それが冥府でも聞いたことがありません・・・・・第八の封印です。」 「そうか・・・・・そこにいるのだろ?顔を出しなさい。」 「やぁ〜大王様、あなたの首をいただきに参りました、今日でご引退ください しっかりと私が代わりを務めさせていただきます、ご安心を。」 そして、大王・転生者の次へとつながる戦いが始まった。 その戦いは、始まりに過ぎなかった。 僕たちはまだ何も知らなかった、この世界の残酷さ・醜さ・人間の恐ろしさを・・・・・ そして僕もあの日までは人間だった、そう、あの日までは・・・人間だったのだ。
/49ページ

最初のコメントを投稿しよう!