もどかしく 懐かしく

1/1
2人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
 あっという間だった。  主である少女があっという間に捕らわれて、でもあの方はそれに抗って、あの方自身にとっても苦渋の決断をなさった。  させてしまった。  友人は恐ろしいほどの冷静さで無茶をし始めて、たった一人で遠くに行ってしまった主を追う方法を探しだした。  あまりの無茶苦茶ぶりに止めたい気持ちは山々だが、あいつの、あの方を想う気持ちを嫌になるほど承知している分、口に出して止める事はできずに、それどころか協力するしかできない。  突破口が見つかれば、あいつはきっとそれを実行するだろう。  それがどれほど無茶な事だろうと、どれほど遠くであろうと。  俺達が止めようと、親が泣こうと、我らが造物主である方々が諫めようと、あいつはきっと止まらない。  諦めない。  それならば今、できうる限り手を貸そう。  そうしてあの方を追って、俺達の手が届かないほど遠くの地まで追いかけて、頑張り屋で寂しがりなあの方を支えてくれ。  かの地に踏み込めば、俺達は直接的な干渉は一切できなくなる。  本当に見守る事しかできなくなる。それはきっととんでもなく、気が狂いそうなほどもどかしくて辛いだろう。  それでもあいつがあの方と共に、同じ地に並んで立っている姿がもう一度見られるなら、きっと泣きたくなるほどに懐かしい気持ちになれるだろう。  だから、行ってこい。
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!