ぼくの人生はぼくのもの

妄想コンテスト「遠くへ」参加作品

10 201

2分 (1,185文字)
ギリギリですし、駄作なのにちょいと出してみようかなと書いただけです

あらすじ

ぼくは母の再婚相手の父と関わるうちに人生を考えるようになる

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

はたして、どちらに転ぶのか

最後に素敵な決意で終わる、この作品。 ただし、この作品のキーワードである「偽善」という熟語を分解すると、人の為の善となります。 つまり、人の為と言っても、その真相を突き止めると、全ては薄汚いとされ

この作者の作品

もっと見る