プロローグ

6/10
362人が本棚に入れています
本棚に追加
/195ページ
夏夜が首を振り、遼の言葉を否定する。 「覚悟してるからって言いながら、遼ちゃんに無理を言って、本当なら私が遼ちゃんのことを気遣わないとダメなのに……。逆に私が遼ちゃんに頼って甘えてしまって……」 「頼っても甘えてもいい」 遼がきっぱりと言い切った。 「君が心配なんだ。危険なことに巻き込まれたらって……」 「遼ちゃん……」 「そんなことになったら、親友だった姫ちゃんに顔向けできないよ」 親友だった━━。 その言葉に、夏夜は伸ばしかけていた手を止める。 (そう……だよね━━) 遼ちゃんにとって、私は大切な親友の妹━━。 (ただ、それだけの存在……) 「どうしたの?」 動きの止まった夏夜を見て、遼が怪訝そうな顔をする。
/195ページ

最初のコメントを投稿しよう!