彼女の秘密

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

彼女の秘密

「よし、今日こそ言うぞ。」  両手で顔をパーンッと叩いて気合いを入れた。  3月の春休み。彼女と公園で待ち合わせ。今日は大事な話がある。早く来ないかな。  キキーッと自転車のブレーキの音がした。 「お待たせ。」  彼女が到着して、ニコッとうれしそうな笑顔を見せた。 「よおっ。」  僕もたまらず笑顔になる。クシャクシャな顔になってるんだろうな。知り合いには見られたくないな。  彼女は颯爽と自転車から降りた。脚が長い。ちょっと筋肉質な体型で太ももがムチムチしている。はさまれたい。  降りたはずみで大きい胸がユッサユサっと上下にゆれた。  なんて素敵なんだ。デニムとニットのシンプルな服装がグラマーな体型を強調させる。こんな人が僕の彼女だなんて言っても誰も信じないだろうな。まあ彼女と言ってもまだキスもしていないんだけど。  一緒にベンチに座った。くっつくか、くっつかないかのギリギリの距離だ。ホントはべったりくっついてイチャイチャしたい。  彼女が長い髪を耳にかけながら、話し始めた。 「うちの学校ね、明日が卒業式なんだ。」 「そっか、うちもだよ。一緒の高校だったら良かったな。卒業式の後そのままお祝いできたのにな。」 「……そう……だね。ねえ4月からどうするの?」 「就職だよ。やっと決まったんだ。でも高校と違って会社ってつまんなそうだなあ。」 「そうなんだ。でもお金稼げるからいいじゃん。」 「うん。そういえば卒業後はどうするんだ?」 「えーと私は…………まだ学生だよ。」 「大学行くのか。小学校からエスカレーター式の学校だもんな。」 「う……うん、そう。受験しなくていいの。ねえ、それよりもうすぐ付き合って半年だね。」 「そうだな。初めて会ったのはうちの高校の文化祭だったな。懐かしいな。」 「あの日、お姉ちゃんに誘われて遊びに行ってよかった。」 「お姉さんとはぐれて半べそかいてたよな。声かけてよかったよ。」 「フフ、スマホの電池切れちゃうし、初めて行くところだったから緊張しちゃった。」  生意気そうな顔つきとグラマーな体型に反して、ちょっと幼いところがかわいいんだよな。 「あのさ、今日話したいことがあって。」 「えっ何? 実は私も話したいことあるの。」 「そうなの? でも僕から言わせて。大好きだ。」 「フフ。ありがと。私も大好きだよ。って、いつも言ってるじゃん。」 「そうなんだけど……。あのさ……高校卒業したら結婚しよう。」 「え……ごめんっ!」 「ガーン……そんな……何でダメなの?」 「あのね……私、言ってなかったことがあって……。」 「まさか……二股かけてるとか?」 「ううん、違う。」 「じゃあ、なんで? どうして?」 「怒らないで聞いてくれる?」  彼女は神妙な面持ちだ。 「…………わかった。怒らない」 「……やっぱり、言いづらいな……。」 「何だよ……。僕に言えないことなのか?」 「だって嫌われたくないから。」 「嫌ったりなんかしないよ。」 「ほんとに?」 「うん。」 「はぁ……やっぱ言いづらい……。」 「早く言ってくれよ。落ち着かない。」 「うん……。んーと……んーとね……。」 「ハッ! 実は男だとか?」 「…………だったらどうする?」 「え……。そう……だな……。今まで考えたことなかった……。そっか、男だったのか……。」  僕は男の太ももに挟まれたいと思っていたのか……。ショックだな……。  ハッ! いかんいかん。こんな顔をしては彼女、いや彼氏を傷付けてしまう!  平常心、平常心っと。  ん? なんで男なのに、あんなに胸が大きいんだ? 「なーんてね、男のわけ……」 「なあ、そのおっぱいどうなってるんだ?」 「は?」 「ちょっと触らせて。」  男なのにこんなに巨乳ってどういうことだ。どうしてユッサユサ、ボインボインするんだ。  彼氏の大きなおっぱいに手を伸ばす。男のおっぱいってどんな感じなんだろう。女のおっぱいも揉んだことないけどな。  何事も経験だな。ドキドキワクワクだな。 「えっ……やめて!」 バチンッ! 頬に平手打ちをくらった。 「痛え!」 「急に何よ。バカあ!」 「あー、ごめんごめん。男のおっぱいってどうなってるんだろうと思って。」 「男じゃなーーい! 女なの! 勝手に勘違いしないで!」 「えっ……! じゃあ僕は女の子のおっぱいを触ろうとしてたのか……。」 「もう……ひどーい。」彼女は半べそをかいてる。 「ごめんごめん。泣かないで。触ってないんだし。」 「グスン……もう大丈夫。」 「男じゃないなら何かな?」 「えっとね、実は私、高校生じゃないの。」 「エッ、そうなの? 中卒ってこと? そっか……いろいろあるんだな。そんなこと気にしないよ。学校行ってるなんてウソつかなくてよかったのに。」 「優しいのね……。って、ちがうちがう! あのね、私小学生なの。」 「へ? 何言ってんだ?」 「老けてるから、よく高校生とか大学生と間違われるけど12歳なの。」 「えっ、でも明日卒業式って……。」 「小学校の卒業式なの。」 「あっ、そういうこと……。」 ヤバイ、さっき胸揉まなくてよかった……。 「12歳って聞いて嫌いになった?」 「ならないよ。驚いたけど。」 「よかった。だから結婚はまだ無理。16歳からでしょ。」 「えっじゃあ、16過ぎたらオッケー?」 「もちろん。私はね。でも親の許可がいるよ。4年後、立派な22歳になってないと結婚はできないよ。」 「わかった。結婚する為に頑張るよ!」 「うん、しっかり働いてね!」  キスもパイモミも結婚までおあずけかなあ……。 おしまい
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!