扇子と酒

2/25
184人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
やはり確かに、人の声らしきものが聞こえるのだ。 一体何処から聞こえてくるのだろう。 何を言っているのかは聞き取れない。続け様に、ぼそぼそ、ぼそぼそと声は続く。冷えた素足を忍ばせ声の聞こえる方にそっと歩いていくと、次第にその声が少しではあるがはっきりと聞こえるようになる。 声に導かれ廊下を曲がると、そこはこの屋敷の主人の部屋の前だった。僅かに空いた部屋のドアから、一筋の光が廊下に伸びている。 その中からどうやら声は聞こえるらしかった。空き巣でなかったことに安堵して、男はほっと胸を撫で下ろした。 しかし、一体何を喋っているのだろうー。こんな夜遅くに、屋敷の主人がどこかに電話でもしているのだろうか? しかし、それにしては……。 声はだいぶ聞き取れるようになっていた。 むせび泣きのような、抑揚が不自然なそれがなんとなく気掛かりで、男は通りすがりざまに何気なく空いた扉の隙間に目をやった。 「……………?!」
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!