その手を、覚えてる

時間を超えて救いたい、大切なひと。

北條真百弥

6時間21分 (228,562文字)
スローペースで執筆しています。 完結まで気長にお付き合いくださると嬉しいです!休載中表示=掲載準備中です!

7 45

あらすじ

鳥船高校建築科二年の貴己は、 小五の夏休みに遭った交通事故によって一週間分の記憶が失われた。 それ以来、高二の今まで六年間も繰り返し見ている夢がある。 「何か」を失くした喪失感で泣き叫ぶ小五の自分の姿

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品