特集

左甚五郎異聞 椿説・竹の水仙

伝説の凄腕彫刻家・左甚五郎をめぐる怪奇人情物語

20 69

歴史・時代 連載中
1時間43分 (61,644文字)

あらすじ

幽霊が出ると噂の旅籠「三叉屋」に、ある日現れた奇妙な客。 その客の右腕は麻痺したように硬直しており、不思議に思った宿の主人が尋ねると、これは自分が彫った木彫りの義手だという。 まるで生きているかのよ

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品