なのくん

6/9
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
幸ちゃんとおじさんとわたしは笑う。限定味のポッキーは残り三本、今のうちに食べておこうか。 「まぁ、それがユリちゃんの良いところでもあるけどね、あの人、まだ自分で服作ってるものねえ」 「あ、いや最近は作ってないみたいですけど、手元が見づらいとか云って、何でも年のせいにしてますよ」 大きくおじは笑う。 「りくちゃんは、ユリさんに厳しいなぁ」 「いい気になってますからね、慢性的に」 皆が笑う。限定味は残り一本、わたしは手を伸ばし、無事ゲットした。 「ポッキー、たまに食うとおいしいよね」 と云うなのくんに、頷く。 震度三、だったような体感があり、幸ちゃんと目が合う。 「あら揺れたかしらね」 「もう、親父たち年で揺れ感わかんなくなってきてんじゃない」 「はっはっは」 おじは太い指でリモコンのボタンを押し、テレビが強い光を発射する。 「特にやってないかしらね、そんなに揺れなかったし、あらこれ何さんだっけ」 高い階から、ずうっと下へ落ちていくエレベーターみたいに、急激にぼうっとする幸ちゃん。 元気ななのくんが云う。 「あの、あれ、愛子さま」 「そうそうそう、なんかわたし忘れちゃうのよね、この子。でも今日可愛い服着てるわね、いいじゃない」 「雅子さまは、元気になったの」 声の力が半分になった兄。 「うーん、一時期よりいいんじゃなかった、ね、りくちゃんどう思う」 「うーん、そうみたいですね。ま、髪型変わるって、いーんじゃないですかね、ロングの方がお似合いかなとか」 「そうねぇ、いつからかロングにしたのよね、ほらこれこれ」 雅子さまが笑顔で手を振っている姿が大映しになる。 「わたしはね、雅子さま派なのよね。でユリちゃんは紀子さま派なのよね」 云われて、わたしはよくわからないまま中途半端に頷く。 「俺はあの人苦手だなぁ」 父の言葉に兄弟は笑う。 「あの人の笑顔、どうもなんだなぁ」 わたしも笑う。そうなのか。 「おじさんが誰かのことはっきり苦手って云ってるの、わたし初めて聞いたかも」 素直に云うと 「親父は、紀子さまは、ずっと苦手なんだよね」 少し元気を取り戻し、長い脚を組み直すインディゴブルウ。 「いや、すきじゃないっていうんじゃなくてさ、なんか苦手なんだよ。とにかく顔っていうより笑顔がね、何でだかなぁ」 知らなかったわたしは一人大きく笑ってしまう。 「うちの母なんか、あの顔になりたいって云ってますよ」 「いやいやいやいやいやいやいやいや」 蛇腹のようなおじの声に皆笑う。 幸ちゃんは高卒のあと、車の専門学校に三年行って、高二から五年間ガソリンスタンドでバイトをしていた。休まないことに、りっさちゃんは驚いていた。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!