結婚してもいいのかな

1/5
821人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ

結婚してもいいのかな

年末年始休暇初日。 毎年恒例の大学時代の友人達との忘年会に参加するため京都へ向かう。 大学時代に4年間暮らした地だけど、どうしても京都駅側にある京都ルミナリエタワーホテルが目に入ると、誠司が亡くなった忌々しい事故を思い出し、辛くなる。 桂キャンパス側の居酒屋の大部屋を予約して、38人が集まった。 「ーー萌、お久しぶり!!」 住宅メーカーのセキワハウスの名古屋支社でインテリアプランナーをしてる沢口果蓮(さわぐちかれん)ちゃんが座敷に入ったわたしに抱きついてきた。 「果蓮ちゃん、結婚おめでとう!!」 「ありがとう!!隣に座って、いっぱい話したい事ある!!」 3月の終わりに意匠設計士をしてる同じ会社の意匠設計士と結婚する果蓮ちゃん。 御主人の転勤に伴い果蓮ちゃんも東京本社勤務になるとかで、セキワハウスがある新橋付近の住みやすい土地についてなどを聞かれた。 「ねぇ、萌ちゃんは真宮くんと結婚しないの?もう、7年だよねーー」 萌ちゃんとわたしはゼミが同じだったのもあり大学時代に仲良くしていて、だから、わたしと渉の関係をよく知ってる。 「同じとこに就職して、意匠設計士とインテリアプランナーで組んで仕事もしてるんでしょ? 萌ちゃんが有川くんと思い描いてた未来予想図と同じだよね。誠司くんじゃなく真宮くんとだけど、真宮くんが有川くんの代わりになってずっと萌ちゃんを隣で支えてきた。 真宮くん、萌ちゃんの事が大好きだし、ここまで尽くさせてきたんだから、責任とって、結婚しなよ!!」 お酒がかなり入り、果蓮ちゃんが自分が結婚するからとわたしにも結婚するよう絡んできた。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!