はじまりの空

1/1
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

はじまりの空

少年が膝を組んで空を見上げていた。 空には丸く白い風船のようなものが並んでいる。 間から薄く光が差していた。 手長蝦(てながえび)が頬をかすめて泳いでいく。 空から、輪のよう物がゆっくりと落ちて来る。 近づくほどにその輪が首飾りであることがわかる。 ガラスの(たま)が連なり、黒い革紐で繋いだ首飾りだ。 首飾は少年の手のひらにふわりと乗った。 じっとそれを見る。 青や紺や緑の小さなガラス玉が空からの光を蓄え、そして放つ。 少年はしばらく見入っていた。 首飾りが落ちてきた空を見上げると、光の差す隙間から、色の白い少女の顔が見えた。 ぼんやりとした表情の少年の瞳が、途端に大きく見開かれた。 あの子の顔だ。あの子の目だ。 忘れるわけもない。 少年は大きく伸びをすると、空へ向かって泳ぎ始めた。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!