First day

1/4
578人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ

First day

. 「ほら~麻衣!ガンバレ~!」 「さ、サクラさん待ってください……」 お正月が過ぎて、一月も二週間を終えた。 そんな小春日和の日曜日。 ふらふらと大荷物を抱え、川沿いの遊歩道を歩く。 目指すは川の向こうの商店街。 そこで行われる伝統のお祭り。 私達の仕事は開催を手伝い、協力をする事だ。 とある中規模イベント会社。 私が所属する『企画営業部二課』は、こうした地域密着型のイベントに携わる事を専門としている。 私より二㎝も高いピンヒールをカツカツと響かせ、私よりも更に大荷物で私の倍のスピードで前を歩くサクラ主任。 クスリと笑い、一つ私の荷物を持ち上げた。 「も、持ちます!」 「いいよ。無理しなくて。麻衣、先週風邪ひいてたでしょ?まだ体力が戻ってないんだよ。少しそこで休んでからおいで。」 「で、でも…」 「元気な姿で働くのも、私達の勤め。暗い顔してたら、クライアントに申し訳ないよ?分かった?」 「…はい。」 「んじゃ、後でね。」 荷物が増えても尚、サクサクと歩いて行くサクラ先輩の背中を見送ってからフウと溜息をついてベンチへと座った。 今日は一月に入ってから、一番の良い天気だと天気予報で言っていた。 確かに、雲一つ無い青い空。太陽の日差しが降り注ぎ、こうして日向に居ると春が来たのかと思う位、ぽかぽかと温かい。 目の前の川の水面は穏やかにキラキラと光を反射していて綺麗に光る。 鳥の鳴き声がどこからともなく聞こえてくる。 その声に混じって、少し向こうの橋に電車が通る音。そして、近くでは小さな子供とお母さんが笑い合う声…。 穏やか……だな…… しばらく、ぼーっとそのまま川を眺め、一息ついた。 「ねえ、何でそんな反応?!」 そこへ急に入り込んできた、金切り声…と言うか、必死な声色。 ゆっくりと穏やかに流れていたはずの空気がそれによってどことなく固くなる。 私だけじゃない。 散歩中のおじいさんや、わんちゃんもその声の方へ振り向いた。 「私、『別れる』って言ったんだよ?」 「や…だからさ…」 「『何で?』とか『ヤダ』」とか…無いわけ?!」 必死の形相ですがる女性にどことなく困り顔だけど…どこか冷めた表情をしている男性。 と言うか…あの男性って…うちの会社の宮本さん……だよね。 .
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!