JKの絆

それは固く結ばれ、解けることは――

12 203

ホラー 完結
2分 (1,135文字)
高校時代を少し思い出しました

あらすじ

寝坊の結果いつもより遅い電車に乗る羽目に。 反対ホームには見慣れない女子高生の集団が朝から会話に励んでいる。 やることもない俺はぼーっと電車を待っていた。 多く説明はいらない話。 ※この

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

群衆

「一日一日が大切で同じ日は存在しない」 等と申しますが、 人は大抵似たような事をして生きています。 通学通勤の電車で同じ時間同じ場所に顔見知りも見受けられます。(判別は人口密度と心の余裕によりま

その他情報

公開日 2019/12/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る