真っ白な夜をたどれば (続編連載中です)

1/11
254人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
「――――ん……」  目を覚ましたあたしは知らない部屋に居て、裸で誰かの腕に抱かれていた。背中からは誰かの気持ち良さそうな寝息が聞こえる。  ……なんだ、この状況……部屋は、見たところどこかのラブホだけど……。  恋人なんてものは居ないし、それだから昨日も友達と飲んで、落ち込んで、それで、そのあと――――。  はっ、と思い当たって、弾かれたように振り返ると、その人は驚いたように眼を瞬かせた。 「びっくりした。急に動くなよ」 「(とおる)さ……」 「まだ眠い。寝かせてくれ。家居ると不眠症で……」  また瞼を閉じそうになるのを、頬っぺたを叩くと彼は眉間に皺を寄せる。 「なんだよ」 「あの、……どういうこと?これ」  彼は眠そうな目を開いてあたしを見る。 「どういうって……覚えてないのか?」 「きれいさっぱり、真っ白です」 「自信持って言われたってなあ……」  彼はごろんと仰向けになって天井を見つめる。 「覚えてないんじゃ、事実話していいんだかどうだか」 「……てことは、何かあったんじゃないですか!」 「何かあったって事故みたいに言うけどな、俺から誘ったんじゃないからな」 「……え」 「お前、どこまで覚えてるんだよ」  あたしは、絡まった毛糸を解いて手繰り寄せるみたいに、記憶を遡る。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!