Case1.

1/26
2998人が本棚に入れています
本棚に追加
/164ページ

Case1.

ガラス張りの窓から外を覗くと、雲の隙間から太陽の光が一筋になっているのが見える。 空気中には水蒸気がキラキラと舞い、絵になるような綺麗な朝。 私はその光景をしばらく観察したところで、院内を颯爽と歩き始めた。 私、宮永彩(みやながさや)はこの総合病院で医局秘書をしている。 中途で入社し、今年で2年目。だいたいのことは経験したし、業務にもすっかり慣れた。 仕事はやり甲斐があるし、お給料も良い。それに残業があまりなく、土日休みと言うところが私の生活スタイルに合っていて、満足している。 “あの人”の存在を除けば……。 「おはようございます」 戦場である医局へと足を踏み入れる。私の担当は日比谷総合病院にいる脳外科の医師たち。 10名ほどいる先生たちのスケジュール管理や学会の資料の準備など、そういった秘書的業務に携わっている。 「加野先生、おはようございます。この前頼まれていた資料です」 珍しく朝からデスクにいたここの重鎮、部長の加野先生に資料を手渡す。 「あぁ、ありがとう」 加野先生は眠そうに頭をかきながら、それを受けった。 確か先生は昨夜当直。もしかしたら緊急のオペがあったのかもしれない。 先生たちは外来からオペ、それに学会など毎日忙しい。だからこの医局にいることはほぼない。
/164ページ

最初のコメントを投稿しよう!