Case8.

11/24
3078人が本棚に入れています
本棚に追加
/175ページ
「ま、まだ、その……!」 「あぁ、そっか。悪い」 すぐに察した先生は、申し訳なさそうに謝る。そんな先生に慌ててかぶりをふった。 「わ、私こそ、その……不慣れですみません。面白味がない女ですよね」 先生の気持ちに応えられない自分に、嫌悪になる。こんなに求めてくれているのに……。長年恋愛をさぼってきたつけが、ここで回ってくるとは。 「お前、それ本気で言ってる?」 「え? 本気、ですけど」 キョトンと先生を見上げ真剣な顔で言うと、先生はふっと口を上げ笑った。 「俺は不慣れなお前に、撃ち抜かれっぱなしだったけど」 「えっ!」 面倒じゃなくて? 軽くパニックになっていると、そんな私に先生が「お前はこのままでいい」と言って、強引にキスを落とした。 「んっ……」 これだけで今までうだうだ考えていた思考も、あっという間に摘み取られる。
/175ページ

最初のコメントを投稿しよう!