プロローグ

2/5
133人が本棚に入れています
本棚に追加
/111ページ
毎日50人くらいの人間が私と対面する。 その人間の特性により、怯えた表情を見せる者や私を品定めする様にじろりと見る者、何の感情も見せず慣れた様に座る者。 様々だ。 だが私はいつでもにっこりと笑みを浮かべ 対面した相手に腕を出させる。 そしてそこに目的を見つけると人差し指で 二・三度優しく撫でてやる。 それから、目的から約10センチ上を飴色のゴムで縛る。 この時、私の瞳に光が宿った事に気づく者はどれくらいいるのだろうか。 ああ、目的がふっくらしてきた。 まるで私に挨拶をしている様だ。 さあ、その瞬間がやって来る。 私は、銀色に光る細い尖りに角度をつけて 目的を目指す。 シュッ、と言う小気味良い音が聞こえる気がする。 薄い皮膚を通り抜けた、そんな音だ。 すると私の右手の中の管(スピッツ)に ドクドクと生温かい赤黒い液体が吸引され、私はその暖かさに恍惚とする。 ━━最高の瞬間だ━━ ここで私と対面の人間に穏やかな時間が流れる。 これは特性に限らず、どの対面者との間にも必ず生まれるひとときだ。 全てのスピッツが満たされると私は出来るだけ静かに尖りを引く。 そして再びにっこりと笑い 「一分間は良く押さえて下さいね。お大事に」 と、対面者を送り出すのだ。 そう、私は看護師。 今は総合病院の外来処置室に配属され 採血ブースで患者様をお待ちする毎日だ。
/111ページ

最初のコメントを投稿しよう!