はじめ

1/8
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/8ページ
 眼が覚めると、そこは真っ白な空間だった。ぐるっと周りを見渡しても、どこまでも白が続いている。足元も白なので、まるで自分が宙に浮いているような感覚に陥る。しかし、そんな異様な空間にも関わらず、俺の心は落ち着いていた。 「ようこそ」  声がしたので振り向くと、そこには見知らぬ一人の男が立っていた。見た目からすると二十代後半、俺より少し上くらいだろうか。 「いやあ、会えて良かったよ。うれしいなあ」 男は馴れ馴れしい口調で言う。ゆっくりとした足取りでこちらに近づいてくる。 「お前は誰だよ」  俺が言うと、男はきょとんとした顔をする。 「僕? 僕は、えっと、はじめだよ」 「名前を聞いてんじゃねえよ。お前はいったい何者なんだ、そしてここはどこだ」  すると彼は口を閉じ、黙り込む。そう言えばこいつ、誰かに似ている。誰だろうかと必死に記憶を探るが、思い出せない。 「ここがどこか、それは君が一番よく分かってるんじゃないの」  はじめのまっすぐな目が、俺の体を貫く。その瞬間、脳の奥に仕舞われていた記憶が、頭の中を巡る。  ビルの階段をのぼる自分、誰もいない真っ暗な屋上、靴を脱ぎ手摺りに足を掛ける、そして、はるか下の地面へと飛び降りた。  そうだ。俺は、死んだんだ。 「天国、か」  俺が聞くと、彼は首を横に振る。 「じゃあ地獄か」  また彼は首を振る。 「それじゃあ……」 「ここはあの世とこの世の中間地点」  はじめは人差し指をぴんと立てる。 「中間地点?」 「そう。君はまだ死んでいないんだ。ここで死ぬか生きるか、選ぶことができるんだ」 「選ぶ……」  こんなバカな話があるのだろうか。しかし、そうであっても答えは決まっているじゃないか。 「俺は死ぬために死んだんだ。選ぶも何も、俺はあの世に行く」 「ふーん。そっか。でもその前に、この世を見てみたいと思わない」 「この世を見る?」 「うん。どうせ死ぬなら、君がいなくなった世界がどうなったかを見るのも悪くないだろう。それから死ぬか生きるか選んでも遅くはないよ」  俺は言うべき言葉が見つからず、ただ黙っていた。 「怖いの?」  彼が意地悪い笑みを見せながら言う。 「怖いわけあるかよ」 「じゃあ、決まりだね。後ろに大きな扉があるだろ」  振り向くと、いつの間にか大きな木製の扉が現れていた。 「それをくぐれば、この世を少しの間だけ見ることができる」  扉に近づき、そっと手を触れる。ひんやりとした木の感触が伝わってきた。 「言っておくが、何を見ても俺の気は変わらないからな」  はじめに向かって言ったが、彼は口を閉じ、じっとこちらを見つめているだけだった。 「それじゃあ、行くぞ」  手で押すと、扉がゆっくりと開いた。まぶしい光が飛び込み、思わず目を閉じた。
/8ページ

最初のコメントを投稿しよう!