もう離れないで

11/16
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ
*** 「はい、水。起きれる?」 怜がグラスを持ってベッドサイドに戻ってきたのを見て、思わず額に手をやった。 まだ頭がふわふわしている。 帰宅してまだ30分も立ってないのに、2回も激しく達してしまった……。 しかもなんと、よりにもよって玄関とバスタブの中で。 冷静になると恥ずかしくて毛布の中に潜り込みたくなる。でもあの気持ちよさは半端じゃなかった。途中でやめてと言えば怜はやめてくれたかもしれない。でも止められなかった。言えなかった。 ああ、でもそういえば。 怜はまだなんだよね? 私ばかり感じてしまって。 このままお布団の中に戻ってまどろんでしまいたいけど、お風呂で少しばかりのぼせてしまった私はバスローブしか羽織っていない。怜も同じだ。こんなものまでコンシェルジェに頼んでいただなんて。 とにかく、頑張って起きなきゃ。 「あの、怜?」 「すごかったなさっきの。理佐もいろいろと溜まってたんだな」 「ばっ、バカ!」 もう何てことを言うの。思いっきりばふっ、と枕で怜の顔を狙ったがうまく当たらない。 「はははは、でも男としては嬉しいよ。理佐が俺のすることで乱れてくれるのは」 「もう言わないでー! 」 一体何を叫んでいたんだか、思い出そうとすることすら恥ずかしいのに! いやいやそれよりも。 「というか怜は?」 「もう水はいいのか?」 「うん」
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!