episode260 復讐の計画②

1/30
53人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

episode260 復讐の計画②

迂闊だった。 彼と出て行けと言われたあの日に。 後を追わなかったことも。 あろうことかその後フラフラと 違う男に会っていたことも。 ご機嫌斜めはいつもの事だし。 怒っている間は近づかない方がいいなんて。 学んだつもりが大間違いだ。 「征司お兄様……もう……許してっ……」 僕が後追いをしなかったことで どうなったか知りたいかい? 「もう一度聞くぞ?この男は誰だ?」 「それは……」 ベッドでうつ伏せに組み敷かれたまま 突きつけられたのは——。 あの場末の酒場で冴木と密談する僕の写真。 「たまたま隣り合った男……」 「嘘つけ!」 「アアッ……!」 杭を打たれるように深く貫かれ——もう一枚。 目の前に差し出されたのは 「こんな薄汚い店で、たまたま隣り合った男に、おまえはこんなことまでしてやるのか?」 「アア……ンッ……違うのそれはっ……」 言い逃れできない。 冴木の顔を引き寄せ唇を貪る己の姿だ。
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!