ニブレス、もらいました

1/9
955人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

ニブレス、もらいました

 朝のシャワーを済ませた僕は、いつものように鏡に映った上半身を見て深いため息をついた。 「本気で整形手術、しようかな……」  え?  けっこうカワイイ顔なのにって?  いや違う違う、悩んでいるのは顔じゃなくて、この超デッカイ、恥ずかしい乳首のこと!  だって、縦、横1センチ越え。高さに至ってはもっとありそうで───いやちゃんとに測ったわけじゃないけど、大体そんな感じだ。  特に夏がヤバくて、うっかりポロシャツとかTシャツ一枚だけで外を歩くと、必ずと言っていいぼどすれ違う人に胸をチラ見される。  女性ならいいと思う。エロいと感じる男もいるだろうしブラジャーで誤魔化せる。でも男でこれはアウトだよな……。  もちろん試してみたよ、乳首に()る〈ニブレス〉ってヤツ。でも───駄目だった。  そもそも僕の乳首がデカすぎるせいで、ニブレスがすぐ剥がれてしまう。    それで色々調べてみると、〈乳頭(にゅうとう)縮小術(しゅくしょうじゅつ)〉という整形手術があるらしい。受けるのはほとんどが女性らしいが男だってできるはずだ。  僕は中高一貫の男子校出身だったけど、このデカ乳首のせいでずいぶんイヤな思いをした。体育とかで着替える時たいていからかわれたし、プールの授業では『キモ』って言われたり逆にジッと見られたり、下手すりゃ触られたり……ほんとストレスだった。  一度なんかプールで、五十嵐(いがらし)っていう、超デカい体格のやつに、超ぶっとい指で(つね)られたことがある。あの痛みは忘れられない。もうホント痛くて、ウンウンうなって悶絶したっけ。  でもその時、なぜか同じクラスの(かのう)蒼真(そうま)が、五十嵐をやっつけてくれたんだ。  蒼真は製薬会社の社長の次男で、育ちの良さがにじみ出ているイケメン。女にはヘタレだってウワサもあったが勉強できるし運動神経もいい。  いつも取り巻きみたいなのがいて、その頃僕とはあまり接点が無かったんだけど、プールで五十嵐をすっ飛ばして、『大丈夫か』って気づかってくれて───きっと正義感も強かったんだろう。  それ以来、蒼真とはけっこう仲良くなって今じゃ大親友。しかも偶然、大学まで同じで───  ん?……あれ。乳首が……何だか前よりデカくなったような……まさか成長した?……いや、いやこれはあれだ、数えると増えるホクロみたいなもんで、気のせいだ、絶対っ! 「ちょーっと、(かなめ)、時間大丈夫なのー」  脱衣室の外で、母さんの間延びした声が響く。 「大丈夫~」  と言ったが時計を見たら全然大丈夫じゃない!  僕は頭をガシガシ拭くと急いで大学に行く準備をした。
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!