今宵、死神より贈る

【A-cal 1221】少年と少女の前に現れた死神。突きつけられた現実に、運命に、二人は抗う。約束を果たすために。

水郷 美六

27分 (16,157文字)
【A−cal】は24人のクリエからの感謝を込めたプレゼント【アドベントカレンダー】の略称です ★next 平中なごん様

28 240

あらすじ

こちらはアドベントカレンダー方式のお話です。 20日は、橘眞道さん→https://estar.jp/novels/25576349 22日は、平中なごんさん→後日公開! 是非お立ち寄りください。

感想・レビュー 13

死神たちの粋な計らい。

悲運なふたりの運命は交差して、ある種の幸福を見いだせました。遠くから眺めるばかりだった者が惹かれあう場面の描きかたも巧みで、視点が変わるごとに「そうだったのか」と驚きがありました。 最終局面、死神た

ある意味では希望の形

拝読しました。まず美しい文章表現に目を奪われました。暖房が効いている病院、外のイルミネーション、そしてスタイリッシュな格好の二人の死神。それらの情景が目の前にありありと浮かぶようです。 美冬と夏生の運
1件1件

命をかけた愛。

拝読いたしましたm(__)m まずは21日目お疲れ様でした。 バッドエンド宣言をお聞きしていたので、ちょっとダークな気持ちもあったのですが騙されましたよ(ありがとうございました) 命の期限を知ってし
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る

その他情報

公開日 2019/12/21