私のカレはサンタクロース

五丁目光佑

恋愛 完結
10分 (5,915文字)

9 39

あらすじ

私のカレ、三田君は、サンタクロースなのでした。クリスマスにはいないカレ。私は寂しくて…… 妄想コンテスト・お題は「言えなかった言葉」。

目次 1エピソード

感想・レビュー 4

「おーそうですか、そうなんだ」

いきなりの告白。でもその内容がなんということだろう。 信じろというのが無理な話。 「アルバイトか何かで、どこかの歳末セールでその恰好をしたことがある」とかいう話ならば、わかる。でもそれは?? 何とな
1件2件

※この感想はネタバレを含みます※

恋人と過ごせないクリスマスを毎年迎えるのは、とても寂しくて悲しい。その心理描写が丁寧でリアルで引き込まれました。 彼から、メリークリスマス! と言ってもらえたシーンは、よかったね! と胸がいっぱいに。
1件1件

メリークリスマス

【ネタバレ注意】  まず松任谷由実の歌が連想される。それで勝手に歌が流行ったくらいの年代に狙いを定める。26日に会えるんだからピーピー抜かすんじゃないよ、サンタも仕事なんだよと
1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る