いざなぎ流陰陽師山葉の事件簿Ⅱ vol.1

現代の東京の片隅でカフェを営む美貌の経営者、その裏の顔は心霊や妖をクールに処理する陰陽師だった。

343 1,630

2時間7分 (76,087文字)
イラスト提供RAZU様:ツイッターアドレス→https://twitter.com/mH8vpNATPgBcC2c

あらすじ

 いざなぎ流とは四国の山中でひっそりと継承されてきた神道の一流派だ。本来は太夫と呼ばれ、家や地域の祭事を司る彼らは、式王子を駆使して呪詛や呪詛返しの技を使いこなす。人知の及ばぬ力を操る一派を人はいつし

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る