1

1/3
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ

1

   琥珀色の西日が差し込む。  室内の床に格子窓の影がいびつな形を作る。  麗奈(れいな)はメロディのない(ワルツ)を口ずさんだ。  雪よ、降れ。  雪よ、降れ。  アン、ドゥ、トゥルー・・・  もうじき、十四歳の冬が終わる。  まだ訪れぬ春を見る前に命を落とすのか、それとも温かな息吹の未来が待っているのか、彼女にはわからなかった。  雪よ、降れ。  雪よ、降れ。  彼女はワルツを踊る。ワンピースの裾が円を描く。  雪が降れば、<館>に捕らわれなくてすむのだ。  雪が降れば、馬車は来ない。銀世界には方向感覚を狂わせる魔力があるのだという。  雪が降らなければ、二頭引きの馬車が迎えに来る。麗奈は馬車に揺られ、遠くの<館>へ運ばれる。 <館>とは何のことか、彼女は十四の夏まで知らなかった。  両親の死後、彼女は鉄格子に囲まれた家に引き取られはしたが、ごく当たり前の生活を送ってきた。  広大な<敷地内>には学校もあったし、欲しいモノが買えるお店もたくさんあった。ともだちもいる。  春には花の小枝を腰に差し、夏には川で水を浴び、秋には祭りばやしを愉しみ、冬は落葉松の林を走りまわる。  麗奈は運命(さだめ)も知らずに、駆け巡る四季を謳歌していた。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!