第五話

16/30
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/401ページ
「うーん。他に何か描かれていないかな。ブリード?」 ブリードは辺りを見回していた。片膝を着き、地面を触る。ブリードが口を開く。 「戦闘があった形跡がある」 「魔物同士でやりあったんじゃねえか? 今はコアだろ、コア」 「……ああ」 「そうだね」 まだ納得していない様子のブリードだったが、ロゼは小太郎の言うようにコアを探した。 石版の裏側を覗いたり、壁を触ってみたりしたが、何も起きない。 「コア、ないね。誰かが持ち去った後なのかも」 そのとき、猪に似た魔物が二体、部屋に入ってきた。魔物は荒々しい息遣いで、小太郎を狙う。全速力で駆け、突進する。 「小太郎!」 離れた位置にいたブリードが小太郎の名前を呼ぶ。小太郎は平気そうな表情だった。笑みを浮かべ、短刀を構える。
/401ページ

最初のコメントを投稿しよう!