第五話

17/30
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/401ページ
が、そのとき、壁だった石が砕けた。猪の魔物も驚く。突進する足を止めた。 「なんだ!?」 小太郎と猪の魔物の間に、割って入るように現れたのは、鎧を着た人型の魔物だった。魔物の目が赤く光る。手には錆びついた大剣が握られている。 「なんだ、この鎧武者」 「ゴーレムの一種だと思う。気をつけて」 ロゼはブリードに話すと、火球を鎧武者に向けて放った。鎧武者は大剣を横に振るう。火球はその一薙ぎで塵と化した。 「グゴゴゴ」 まるで敵と認識したかのように、ロゼの姿を捉える。しかし、猪の魔物が鎧武者の背後から突進した。鎧武者が片膝を着く。 「ブモォー!」 距離を取った猪の魔物は、助走をつけて再び突進する。今度は真正面からだ。
/401ページ

最初のコメントを投稿しよう!