汚れた教壇

言えなかった言葉それは「イジメ」の告白だ。イジメを誰かに打ち明ければ必ず報復が待っている。リアルな社会問題を取り上げる

石橋崇行

14分 (7,952文字)
言えなかった言葉コンテストに応募させていただきました。 少しでもためになる内容になればと思いました

9 405

あらすじ

中学3年の時壮絶なイジメを受けていた安西徹は、いつも庇ってくれていた綾子先生が目の前で投身自殺を図り自分のように苦しんでいる生徒を助けたくて教師となる。 しかし始めて赴任した学校で自分と同じ境遇に立

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る